塾長ブログ

現在分詞・過去分詞の後置修飾とは?

こんにちは!塾長のMazzyです!

新型コロナの影響を受けて大阪府教育委員会から「令和3年度 大阪府公立高校の試験範囲の変更」が発表されました。令和3年度の入試とは、2021年3月10日に行われる入学試験です。この〇〇年度入試は結構ややこしいので、こちらを参考にして下さいね!

今年の受験生は何年度の入試?一発でわかる具体例と共に解説!

今回変更された出題範囲に関して、英語では中3で習う単語の一部と、現在分詞・過去分詞の後置修飾を除外とありました。

ですがまだその項目を習っていない中学生にしたら「どんな内容?」となりますよね?中学の内容を全て学習し終えた生徒でも「後置修飾って項目、あったっけ?」となると思います。

その理由は学校では「分詞」は習っても「後置修飾」とは習わないからです。

今日はこの後置修飾について簡単にお話したいと思います。

出来るだけ専門用語を使わず、簡単な語句で説明しています!なのでチャートなどの説明に慣れている人は読みにくいかもしれません。

一番最後に写真でも説明を添付しているので、そちらの方がもしかしたらわかりやすいかもしれません!

以下の見方

・分詞を習った生徒は★へ!

・分詞をまだ習っていない生徒は★の次から順に見る!

★後置修飾は後ろから前の名詞を説明する方法!

①普通の分詞

a walking man:歩いている男性

後置修飾の分詞

a man walking with his dog:彼の犬と一緒に歩いている男性

この②が分詞の後置修飾です。

まだ分詞を習っていない生徒は以下から見て下さい!わからなければ塾で聞いて下さいね!1分で説明します!!

現在分詞・過去分詞は直前か直後にある名詞を追加説明する!

分詞の基本を書きます。(先に現在分詞を説明します。過去分詞は現在分詞を理解してからでOKです。)

動詞にingを付けた物が現在分詞!「~している(名詞)」と訳す!

分詞は動詞が変化した物です。動詞にingを付けることによって「~している(名詞)」という訳し方が出来るようになります。

例えばrun(走る)⇨running(走っている(名詞))のように、動詞にingを付けると名詞を追加説明する機能が備わった分詞が出来上がります。

具体例を見てみましょう!

名詞のみ the boy その少年
分詞(running)を追加 the running boy その走っている少年

※スマホからはスクロールさせて見て下さい!※

これで少年(名詞)の様子が具体的にわかりましたね!

これを文章の中に組み込むと…

Look at the boy!(その少年を見て!)

Look at the running boy!(その走っている少年を見て!)

となります。少しは理解出来ましたか?これが基本的な分詞の使い方です。

分詞の後置修飾とは?

入試で除外される「分詞の後置修飾」とは一体何なんでしょう。

分詞の後置修飾とは…

分詞を使って名詞を後ろから説明する方法!

ということです。

なんのこっちゃ…???

先ほどのように、名詞の直前に分詞を置くことで、その名詞の状態を説明することが出来ます。

先ほどは「走っている」という1語の単語が「少年」を説明しました。ただ「少年」を説明する語句が「彼の犬と一緒に走っている」のように、「走っている」よりももっと長い語の場合は分詞の位置が変わります。(名詞の後ろに置きます!これが後置修飾と呼ばれています!)

具体例を見て下さい!

名詞のみ the boy その少年
長い分詞を追加 the boy running with his dog 彼の犬と一緒に走っているその少年

※スマホからはスクロールさせて見て下さい!※

先ほどのthe running boyとは語順が変わりましたね?

分詞が他の語句を連れて名詞を説明する場合は、このように名詞の後ろに分詞のかたまりを置きます。これが後置修飾です。

文章にすると…

”Look at the boy running over there!”

(向こうで走っているその少年を見て!)

となります。

2語以上の語句が名詞を説明する場合は、その分詞を名詞のいて名詞を説明(修飾)します。これが分詞の後置修飾です。

慣れるまでは難しいので、また塾でしっかりと説明しますね!

過去分詞は「~される(名詞)/~された(名詞)」となる!

現在分詞をしっかりと理解出来れば、過去分詞は超簡単です!現在分詞と同じように使うことが出来、意味が「~された/~される」に変わるだけです。

名詞のみ the bike その自転車
stolenを追加 the stolen bike その盗まれた自転車
stolen by himを追加 the bike stolen by him 彼によって盗まれたその自転車

現在分詞を理解していれば、この表だけでも理解出来ると思います。

現在分詞と同じく、分詞1語が名詞を説明している場合はその名詞の直前に分詞を置き、分詞を含む2語以上の語句が名詞を説明する場合は名詞の後ろに置きます。

この表の一番下の文章が「過去分詞の後置修飾」です!

もしこれでわからなければ、また塾で聞いて下さいね!

まとめ

紙に簡単に書いておきました!やはり紙に書きながら直接説明した方がはるかにわかりやすいですね!

現在分詞の説明!

過去分詞の説明!

メモ全体!

さいごに

大阪府公立高校の受験から除外される内容については、英語以外は「〇〇の単元を除外」と書いているのでまだわかりやすいですね!

今回のこの分詞の説明で、なんとなく除外範囲を理解してもらえたかなぁ~とは思っています!

しかし…ブログの文字だけで文法を説明するのは結構難しいですね…それこそiPad Proとアップルペンシルが欲しくなりました!

以上、Mazzyでした!